人への施術は国家資格が必要

鍼治療

鍼と灸を使って、人を癒やす技術と知識を持つのが、鍼灸師という東洋医学系の職業です。その鍼灸師を目指す方の中には、師匠を見つけて、技術や知識を習おうと考えている状況もあるでしょう。しかし、鍼灸師を名乗るには、国家試験に合格する必要があり、それを受験するためには学校に通わなければいけません。学校には、カリキュラムを学ぶために最低でも3年間は通って、じっくりと技術と知識を習得することになります。もちろん、師匠を見つけて学ぶことは自由ですが、人への施術は国家資格が必要だということは忘れないようにしましょう。なお、学校は全国各地にありますが、国から認可されていれば、国家試験を受けるために必要なカリキュラムは必ず用意されています。したがって、認可さえされていれば、どこの学校に通ったとしても、鍼灸師になることは可能です。ただし、学校によって異なるサポートは、鍼灸師になったあとの未来に大きく影響を及ぼすので、選定はきちんと行うようにしましょう。

夜間学部や大学でも習える

模型

鍼灸師になるための学校を選ぶときに、まず知っておくべきなのは、昼に通うところと夜に通うところがあることです。夜間学部なら、現在働いていたとしても、仕事のない時間に通って、資格の取得を目指すことが可能です。もちろん、理学療法士の学校などに通っていて、鍼灸師の資格も取得しておきたいのなら夜間学部が便利です。医療系の資格のダブルライセンスは、就職はもちろん、実際に施術を行うときにも役に立ってくれます。なお、昼と夜のどちらに通うか決まったのなら、次は各学校の特色を見るようにしましょう。就職率が高いところや、国家試験の合格率が高いところなど、学校によってアピールポイントが違います。どのようなことを売りにしているのかは、各学校のホームページを見れば載っているので、きちんと確かめることをおすすめします。就職率が高ければ就活に困ることはありませんし、国家試験の合格率が高ければ受験に失敗して一年間を無駄にすることもありません。自身が望む将来をきちんと考えた上で選定すれば、通うべきところがきっと見つかるでしょう。ちなみに、鍼灸師になれる大学もありますが、そちらの場合は取得するまでに4年かかることになります。もしも、大卒の資格も欲しいと考えるのなら、1年多くかかっても、大学に通うことを考えたほうがよいでしょう。鍼灸師だけではなく、メリットが多い大卒の資格を同時に取れるのは、とても魅力的です。